消費者金融 申込み比較rt



































プロミス



スマホ・webで24時間申込可能


来店不要・最短即日融資





プロミス 詳細はこちら
モビット

スマホで24時間キャッシング


申込から借入までweb完結





モビット 詳細はこちら
アイフル



スマホで24時間キャッシング


申込から借入までweb完結




アイフル 詳細はこちら


































プロミス

プロミスとは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が運営している消費者金融会社です。プロミスではキャッシングに加えて、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンの4つの商品が展開されています。メイン商品であるフリーキャッシングは、18?69歳までの安定した収入がある方が対象です。会社員はもちろんのこと、アルバイトやパートの方でも利用できる可能性があります。

プロミスはサービス内容が豊富なのが特徴です。プロミスの審査は最短即日融資が可能となっています。即日融資を利用したい場合は、Web・アプリや自動契約機で申し込むのがおすすめです。ただし、審査内容や時期によっては時間がかかる場合があるので注意してください。30日間無利息で利用できるサービスもあります。プロミスで初回契約した方に限り、借入日の翌日から30日間までなら無利息でキャッシングを利用できるのです。

わずか10秒後に指定の口座へお金が振り込まれる瞬フリというサービスも展開されています。Webの会員ページから振込依頼すると、24時間365日いつでも最短30秒で希望金額を振り込んでくれる便利なサービスです。利用できる金融機関が決まっているものの、全国約200の金融機関で手続きできるので問題ないでしょう。なお、手続きした時間帯によっては、翌日振込になるケースもあるので注意が必要です。貯めるとお得なポイントサービスも用意されています。ポイントを貯めると、提携ATM手数料が無料になったり、ポイント数に応じて一定期間無利息になるサービスを受けられます。

プロミスを利用する際は、Web・アプリ、来店または電話という3つの申込方法があります。手続きの際は、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなどの本人確認書類が必要です。Web・アプリを利用する場合は、まず申込フォームに氏名や住所、借入希望額などを記入してください。次に運転免許証などで本人確認が行われます。申込後に届いたメール内のURLにアクセスし、申込時に入力したパスワードを使ってログインします。

アプリを使って、顔と運転免許証の写真を撮って提出しましょう。プロミス側から依頼があれば、収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。キャッシングの審査結果はメールまたは電話で届きます。Web上で契約手続きが完了すれば、すぐに借入が可能になります。なお、審査が完了した後に店舗に来店して、カードを発行してもらってから借入することも可能です。






プロミス 詳細はこちら



プロミスレディース 詳細はこちら







モビット

モビットの正式名称はSMBCモビットと言い、運営会社はSMBC(三井住友銀行)グループの株式会社SMBCモビットです。カードローンのキャッシングサービスを展開しています。最短即日融資が可能なので、急ぎのお金が必要になったときに便利です。SMBCグループであるのに加え、健康経営優良法人2022(大規模法人部門)にも認定されているので安心してお金を借りることができます。全国の提携ATMやローソン銀行ATMで24時間対応しており、時間を気にせず申込・借入・返済が可能です。返済すると利息分200円に対して1ポイントのTポイントが付与され、返済にも1ポイント1円としてTポイントが利用できるのもモビットの特徴です。会員専用のネットサービス「Myモビ」を利用すると、利用状況の照会や借入・返済の相談などができます。

住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行またはゆうちょ銀行に口座がある人と、社会保険証か組合保険証のある人は手続きがweb申込で完結します。ネットで口座に入金され銀行のカードで出金ができるので最短即日融資が可能ですが、入金のタイミングは金融機関によって異なります。本人確認の電話や、契約書類の郵送などはありません。カード申込をした場合は、モビットカードは、ゆうパックで指定のコンビニなどに届きます。最寄りのローン契約機でも受け取れます。モビットアプリをスマホにインストールすれば、モビットカードなしで24時間取り引きが可能です。セブン銀行・ローソン銀行のATMもカードなしで利用できます。

モビットを利用するには、まずWebの簡易審査を受けましょう。必要事項を入力すると、審査結果が10秒で表示されます。本審査の結果はメールか電話で、最短30分で確認できます。そのままネットか電話で契約でき、契約後は提携ATMか振り込み融資を利用できます。もっとスピードアップしたい場合はネット申込後にコールセンターに電話すると、すぐに審査が始まり手続き完了後最短3分で口座にお金が振り込まれます。借り入れの申込資格は20歳から69歳の安定した定期収入のある人で、アルバイトや派遣社員、自営業でも可能です。運転免許証か、健康保険証などの書類が必要です。入会金や年会費はかかりません。

借入方法は振込キャッシングと、連携ATMでのキャッシングがあります。返済は口座振替・提携ATM・インターネット返済などが選べます。金利は実質年率3%から18%です。利息は日割り計算になります。たとえば、10万円を18%の金利で30日間借りたときの利息は1,479円になります。





モビット 詳細はこちら







アイフル

アイフルとは、カードローン、キャッシングローンのほか、事業サポートを請け負っている消費者金融です。正式名称は「アイフル株式会社」です。アイフルは1967年に創業、1978年に設立されました。1978年当時の社名は「株式会社丸高」であり、1982年からアイフル株式会社を名乗り始めます。2020〜2021年の消費者金融の営業収益ランキングでは、アコム、三井住友FGに次いで、3位となりました。テレビCMやWeb広告も有名であり、日本でもっとも有名な消費者金融のひとつだといえます。20〜69歳で安定した収入のある人なら、誰でも申込可能です。

アイフルのサービスの特徴は、「最短即日融資」です。Web申込なら、審査は最短25分で完了し即日融資を受けられます。さらに、初めての利用なら30日間は利息0円です。融資を受けても、30日以内に完済すれば利息が発生しません。そのほか、振り込み手続きには、24時間365日対応がなされます。土日祝日も関係がないので、すぐにでもお金が必要な人には向いているサービスだといえるでしょう。ただし、指定の金融機関の受付時間外なら、翌営業日以降に振り込みは持ち越しとなります。

アイフルの申込方法は「Web」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「専用窓口」の5種類です。このうち、場所を選ばずに申し込めるのは、「Web」「スマホアプリ」「電話」です。Webとスマホアプリでは、入力フォームに基本情報や収入状況を打ち込んで、審査を待ちます。電話でも流れは変わらないものの、自分で入力をするのではなく、オペレーターに情報を伝える仕組みです。

無人店舗では、係員と電話でやり取りをしながら、必要事項を入力します。専用窓口でも係員を通して、必須事項を埋めていきます。なお、審査に申込むためには本人確認と収入証明の書類が不可欠です。本人確認書類としてアイフルが認めているのは、運転免許証、個人番号カード(表のみ)、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど、顔写真付きのものです。あるいは、公共料金領収書や国税・地方税の領収書、納税証明書が必要になることもあります。そのうえで、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書も提出しなくてはなりません。

アイフルの審査に通ったら、利用開始となります。審査結果は電話かメールで、申込者の希望に応じて通知されます。自宅や職場への在籍確認は原則的に行われていません。ただ、審査状況によっては電話がかかってくることもあります。契約後の借入方法は振込やアプリ、ATM利用などです。振込やアプリだと、カードがなくても利用可能です。






アイフル 詳細はこちら












消費者金融 申込み比較rt

与り知らぬ所で膨らんでしまった借金を返せず、姉が債務整理をすることになりました。寝耳に水の話ですぐには信じられなかったほどです。

 

今考えればありえないような嘘のメールに騙され、大きな借金を背負わされ、金融会社への返済義務が生じてしまったのです。

 

それに加え姉は、精神の病を患っています。しっかりしていて、頼りになるかと思った後に同一人物とは思えないほどの変わりようを見せたりするのです。姉が頭から信じ込んで借りに来ているので、それなりのお金を借りても返済できると判断されたのでしょうね。

 

 

巧妙な詐欺被害にあわないよう、日ごろから十分注意を払いたいものですね。カードローンやキャッシングなどで、複数の会社に常に借り入れ残高がある状態が続いてしまったら、利息部分が増加してくるので毎月の返済が負担に感じられることもあるでしょう。

 

そんなときにお勧めしたいのが「おまとめローン」です。複数のローンを1本に集約できるのでとても便利です。
一元化するので金利や手数料の負担も減り、実質的にお得になるだけでなく、返済計画も立てやすくなります。

 

 

キャッシングの、いわゆるカード一枚でお金が借りられる手軽さは、急な出費に迫られていると聞こそ痛烈に感じられるものでしょう。私がいまの仕事に就く前のことですが、交際相手の親(他県)に挨拶に行くことになったんです。
でも、すごく憂鬱でした。
だって滞在費がまったく出せない(財布に2000円)状況でした。若い頃の苦労(貧乏)はよい経験になるといいますが、程があります。急きょキャッシングを決定。

 

 

 

夜中にネットで手つづきしてなんとか間に合わせることができました。
次の給料日までまだ日数があるけれども、欲しくてたまらないものがあったならば、キャッシングで乗り切っています。休み時間にでも、会社のPCで審査申込みをしておくと、当日のうちに審査通過が可能です。そのアトは、勤務先から近い場所のコンビニエンスストアに設置されたATMで引き出していますね。

 

 

 

コンビニエンスストアを利用すれば、周囲の人にばれることもないので安心できるはずです。

 

しかも、簡単で楽々利用できるのです。私がお金に困ったのは会社で昇格したときです。給料はあまり上がらず部下が増え、飲み代を払ったりしていた結果、お財布の中身が乏しくなり、自分の昼食に困る状態になりました。そのとき、クレジットカードを持っていたことを思い出しました。

 

キャッシングを使えば万事解決です。
ボーナス以上の額が借りられて、昼の休憩のときなどにちょっとコンビニエンスストアATMで借りれて、人に気づかれることもなく、分割返済していけば良いのですから気楽です。

 

 

でも、便利に使っていたら、いきなり慶長費用も必要だったりして、めいっぱいまで枠を使い切るのは、あっという間でした。使うペースは気をつけないといけませんね。

 

キャッシングの規制で最も有名なのは、総量規制というものです。その人の年収の3分の1の借り入れしかできないという内容の規制になります。

 

 

これは消費者金融のみに適用されて、銀行は管轄の法律が異なり、当てはまりません。

 

それに、他の業者にキャッシングしている時はその分もふくめた総額で判断されます。もしお金が足りなくてカードローンを使うなら、繰り上げてなるべく早く完済したほうがいい。ということを兄が言っていたので「何か失敗したの?」と聞くと「まさか!」と首を振りました。話によると、親戚の人が以前、カードのリボ払いで多額の返済を抱えていて、どうしようもなくなってしまったことが忘れられないからだそうです。

 

「他人だったらいいけどね」と苦笑いしていました。

 

たしかに、カード1枚で借り入れできるのですから、お金を借りている緊張感や数字に対する意識が薄れてしまうのかも。安易にダメとか怖いものとは言いませんが、自覚していないと危ないと感じました。何といっても、誰かあるいはどこかからお金を借りることになってしまったら、気を付けたいのは、自分で見積もった返済可能額は上限を見ずに、下限を見て予定を立てることです。

 

 

経験者ならきっと感じたことがあると思いますが、お金を返す行程には幾つもの波のようなものがあり、まずどんな人でも返済を初めるに当たって相当な覚悟が出来ており、初めの何回かは大した算段なしで返せるもので、このまま返済しつづけることが思いのほか簡単なことであるという錯覚に陥りやすいのです。あんまり悲観的になる必要はありませんが、何の問題もなく返せるはずなどないのです。

 

返済も後半になってくると、当初のありがたみは薄れ、お金を搾取されているかのような気持ちにさえなってくるのです。そんな時でも返済不能に陥らないために、出来る限り軽めの返済プランを立て、再考を重ねて更にワンコイン分ほど落として頂戴。
以上のような予定で返済を開始すれば、必ず最後まで返すことができるはずです。
大学に通う私の弟が、最近はまりだしたというバイクを買う為にキャッシングを使っていたことが私立ちの親にばれちゃったんです。

 

 

実家から遠く離れたところで暮らしていることもあり、キャッシングサービスを利用していた事実を家族の誰もわかりませんでした。しかし、返済を滞納したために「ご子息の借金滞納の件」ということで親にまで連絡があって、最終的に親の知るところとなってしまったという顛末です。
最終的に親が尻拭いしてくれて、弟の借金は無事になくなりました。その換り、親はかなりご立腹で、弟は気の毒なぐらい怒られていましたね。
個人事業主になったのは数年前からですが、安定した収入というよりは、良い時もあれば、持ちろん、悪い時もあるのが現実でしょう。パソコンのディスプレイがダメになって、パソコンを大至急で用意するために、キャッシングを利用したいと思っています。

 

 

審査についてあまり詳しくないので、いまいちよくわからないのですが、アルバイトや正社員ではない私でも利用することはできるはずですか?キャッシングで生活費を工面するという場面では、あまり多くの金額を利用しないようにして、十分に返済可能な額にしておかなければ、時として返済に追われることも出てくるでしょう。例えどれほど少額の生活費と言えど、その積み重ねが命取りになるので、すぐにキャッシングに頼らずに気を付けなければなりません。大切なのは、キャッシングに頼る前には必ず、返済の見とおしを立ててから利用することをして頂戴。

 

キャッシングも自分に合ったものを見つける時代になりました。返済方法もいまの時代に合ったリボ払い(フレックス払い)の利用実績が伸びてきています。総返済額は一括返済より増えますが、なんといっても月々の返済額が一定なので、家計に大きな影響を与えることなく返済できるはずです。

 

持ちろんアトから繰上返済することも可能です。返済していくうちにキャッシング枠が復活するので、後からお金が必要になっても借り入れできるから大丈夫。
期間は伸びるものの、月々の支払いは変わらないのでストレスがなく、結果的に延滞のリスクを回避できる利点があるのです。

 

 

 

すぐにキャッシングでお金が欲しい人は、写真付きの本人確認書類を持参して自動契約機で申し込みをすると簡便で、ごく短い時間で審査結果がわかるので、急な出費に応じられます。キャッシングだけでなく、お金を借りるときには必ず信用状況の調査や勤務先への在籍確認が行われています。
期限までにきちんと返済すること、借り入れ時点で安定した収入を得ているなど、会社側が提示する借り入れ条件を満たさなければなりません。
これはカードローンに限定した話ではありませんが、お金を借りようと思ったときに、貸す側にとって一番大切なことと言えば、お金を借りる側に「返済できる能力があるかどうか」という事だと思います。
その為に、今後、住宅ローンの審査を受けるにあたって、カードローンを組んでいる状態ですと、計画通りに住宅ローンを返済が完了するのか、そのような能力があるのかどうか、といった不安要素が残るため、都合が悪いと言えますね。

 

 

最近は短時間で審査が済みますが、まったく審査なしでお金を借りることは無理だと思います。

 

普通の会社なら、担保や本人要件を審査した後に、信用に基づいた融資をしています。

 

無審査を謳う会社は法外な金利や取り立てを行っていることを想定しなければいけません。

 

 

 

リスクのあることは考えず、『審査基準がゆるい』ローンを捜すことに目を向けましょう。

 

カードローンなら楽天が審査が通りやすいという評判です。著名な会社なのに貸金業では新参だからかもしれません。

 

大手企業がバックにあるので安心ですし、トライしてみる価値はあるのではないでしょうか。
キャッシング大手というと、どんな会社を思い浮かべますか。銀行系と消費者金融系に分かれていて、銀行系ならモビットやノーローン、消費者金融系ならプロエラーやアコム(ともに筆頭株主は大手銀行ですが)などがよく知られています。
広告費のぶん高い利息なんじゃと思いがちですが、実際のところ真逆で、大手の特質は薄利多売的に、利率が低く設定されているかもしれません。返済額は借入額+利息ですから、大手の低利率の融資を受けられれば総返済額が減らせますし、延滞して結果的に高くつくことを考えたら、最初から利率の低いところを選んだほうがいいでしょう。キャッシングやカードローンでは、借り換えをうまく使っている人立違います。

 

複数の金融機関からお金を借りていたり、月々の返済額では苦しくなってきたときに、新しくローンを組み、そのお金で、古いほうの債務を一括繰上返済するのです。

 

延滞を回避することができ、次の返済期日は新たなローンの初回返済日となるので、多少の時間のゆとりもできるはずです。

 

 

延滞を回避することができるのは有難いですが、新しい借入の利息が高いこともありますし、返済期間が長くなるため総返済額が増えるなどの短所も理解しておきましょう。
今回あぶないからといって安易に借り換えをするのも考えものです。
借り換えを申し込む前にいま一度検討することをして頂戴。

 

比較的高額の現金を用意する場合、キャッシングよりも分割返済の使えるカードローンが便利ですが、カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、仕事を持っている人には、総収入の3分の1までで抑えなければならない、総量規制のために定められたこの法律により、金融業界の常識ががらりと変わったのです。気を付けないといけない事は、貸し付け進行中のカードだけのことを考えればいいというのではなく、すべてのカードの、会社を超えた合算が必要で、契約中あるいは検討中までふくめた借入金が丸ごと対象の規制なので、余分に借りることはできなくなり、契約中の借入金の掌握がしやすくなりますね。

 

手持ちのローンカードで既に50万円の借り入れをし、現在返済中だとすると、定義された年収の3分の1の金額から、すでに借り入れ済みの50万円を差し引いた金額こそが、いつでも計算できるので安心ですね。

 

自営業者などでは、この総量規制で資金繰りの苦労が増していますが、大聞く借り越す心配はないので堅実にやっていく分には良い法律と言っていいかもしれません。

 

 

 

近年のキャッシングの変化は目をみはるものがあります。申込ひとつとってもネットやスマホさえあれば済んでしまうというのが常識化しています。
いまから借りる人は知らないと思いますが、以前はネットで申し込んでも、アトから必要書類を郵送するなどなんらかの手間がかかりました。でも最近では小額なら収入証明も不要で、ネットだけで「申込」から「融資実行」までできてしまいます。

 

 

 

忙しくて会社と家の往復だけだという人でもネット環境さえあれば借り入れできるのですから、ユーザーにとっては大きなメリットで、ありがたいです。私の頃にはなかったサービスなので、これから利用する人がうらやましいですね。

 

 

 

キャッシングで借りたお金を返済するケースでは定められた方法を用いて計画をしっかり立てて、返済を滞らせないよう気をつけるべきです。すぐに払えない時は当初の利息より負担が大きいいわゆる遅延損害金を払わなければならない上にブラックリストに名前が記され、これから借り入れが不可能になるので、注意しなければなりません。
キャッシングを申し込む際、初めての利用の場合には希望する金額の記入がもとめられます。いくらにしようか迷うかもしれませんが、初めのうちから高めの金額を希望として書くと断られてしまう事もあるのです。最初は、出来る事なら低めの金額を提示しておいて、返済の実績をきっちり作ってから追加のキャッシングを申し込むのが賢い方法になります。

 

これまで堅実に暮らしてきて、何の心配もしていませんでしたが、いつなんどき「すぐにお金を、それもそこそこの金額揃えなければならない」誰でも、ここさえ乗り切れば後々楽になるという大切な局面があるでしょう。

 

でも、そのお金はどうやって用意したらいいのでしょう。

 

とりあえず当たってみたいのは、クレジットのカードで、それが無理なら、無人契約機のある消費者金融の店舗がありますから、とっさの需要に応えてくれるはずです。闇金と呼ばれる高利貸しと違い、法外な利息を取られるりゆうでもなく、5分程度の時間で借りることができる会社まであるといいます。

 

いつこんな事態に陥ってもいいように多様なケースを想定して対策を練っておけば慌てずに済みますね。
給料日後にいろいろ使いすぎて、うっかり金欠になることがあるのですが、軽い気持ちで知人に借りて気まずくなるよりはキャッシングがお奨めです。
冠婚葬祭や急な立替金などでもキャッシングの便利さを感じるでしょう。借りるときも小額で抑えておき、金融機関が設定した期間内に全額一括返済すると利息がかからないケースもあるので、そういったところを利用するのも手ですね。社会人になるまえに実印は作っておけと言われますが、同時にあてにできるカードを一枚、作っておくと良いかもしれません。
備えあれば憂いなしです。
日ごろから、もしもの事が起こった時のためのための貯金をしようと思いながら、ナカナカお金を捻出出来ないまま、突然多額のお金が必要になった時に、身内やお友達には頼めないし、他にお金を都合するには、誰にでも利用できるものとして、金融会社などのカードを利用したキャッシングが挙げられます。

 

 

パソコンさえあれば、ネットで簡単に手つづきが出来ますのでお手軽でお金を貸してくれるところが見つかるでしょう。
持ちろん、誰にでもと言うりゆうではありません。それなりの審査を通過する必要があり、通らなかった人にはお金を貸してくれることはありません。

 

 

 

既に多額の借金が金融各社にあったり、延滞を繰り返し、返す気があるかどうか疑わしい場合などここで信用問題をクリア出来ない限り常識的に考えてどんな審査も通るはずがないので、安易な借り入れをそれ以上せずに済むよう、計画的な利用を心がけたいものです。
借金はあまり他人に知られたくないものです。
とくにキャッシングというと、職場にも家族にも分からないようにしたいと希望する方が多いようです。
誰にも知られずにお金を借りるなら、Web完結サービスというのがあるのをご存知でしょうか。
これは自宅への郵送をゼロにしてくれるので、うってつけの方法だと思います。「WEB申込」ではなく「WEB完結」というのが肝心なんですね。
ネットだけで手つづきが完結するので、月々の利用明細の自宅送付もなく、これならラクな気持ちで利用できると思います。
最近では、ローン会社のCMもよく見かけますが、それと連動するかのように、過払い金請求のCMも以前より多くなったように思います。

 

 

私だって以前はキャッシングをしていたことがあるのですが、毎月一定額を返すリボ払いでもうじき返済も終わるので、法律事務所に依頼してまで請求するほどの金額とは思っていません。

 

 

 

しかし「払い過ぎた額」というのは聴き捨てならないですよね。

 

 

戻ってくるお金があるのならいくら位になるのか知りたいものです。無料相談もあるようなので、気になる人は使用してみるといいでしょう。

 

キャッシングを複数社で利用する際にはその金額については総量規制を受けるので、利用可能額が各社合計でどうなるかをよく確かめてから申請することが必要です。消費者金融会社がこのような規制を設けているのはなぜかというと、申し込む人が高額すぎるお金を返済能力をこえて借りすぎることを事前に防止するためで、年収の額によってこの上限が定められるので、借り入れの状況をしっかり掌握した上でキャッシングの利用を判断して頂戴。この頃のカードローン(キャッシング)業界はネットでクチコミが広がるからか、利用者に便利で使いやすいサービスを重視することをなってきています。とくに昔と変わったなと思うのは、ネットのみでサックリと申込から審査、融資までがスムーズに行なえることでしょう。

 

当然ながら書類の郵送も必要ありません。

 

 

 

上限30?50万円程度の小規模融資なら免許証か、その他の本人確認書類さえあれば携帯写真やスキャナを利用して簡単に契約でき、手つづきが済んだら自分の口座に振り込みされているはずなので、アトはATM等を使ってお金をおろすだけです。

 

 

ただ、コンビニエンスストアATMでは記帳ができないので、カード会社のWEB明細等でローンの履歴はきちんと掌握しておきましょう。貸金業法が改正されました。そのためキャッシングの金利は、どこの金融機関でも従来よりも引き下げられています。

 

 

法改正の前にお金を借りている方は、必要以上の利息を支払っており、過払い金が発生しているかもしれません。この過払い金返還請求は時効前に行う必要があります。

 

もしかしたらと思うなら、完済でも返済をつづけていても時間をおかずに法律のプロに遠慮なく相談し、過払い金返還請求の手つづきに着手しましょう。闇金というのは、法律の手が届きにくいところにある存在と思われていますが、実際、普通の人が簡単に足を踏み入れるものではないような気がします。
関わってしまうだけでも白眼視されたりするかもしれません。

 

ただ、怖い世界の後ろ盾があるというばかりでなく、その存続の影には、闇金であることがわかっていても他に行き場のない利用者の増加が原因です。闇でない表の業者からの融資はハードルが上がりつづけ、収入が安定高値で、堅実な職業に就いていてこその借り入れであって、そうでない人は融資への対応をしてもらえないようです。
そこでいよいよ闇金の登場です。

 

ところが、闇金でお金を借りたが最後、その場はしのげても、後で苦し向ことになります。そうなる前に思い止まり、生活の建て直しを図ることです。

 

 

 

このページの先頭へ戻る